コンフォートゾーンを広げる

コンフォートゾーンという言葉をご存知でしょうか?

コンフォートゾーンとは「快適な空間」を意味する言葉で、心理学などでは、ストレスや不安が無く、限りなく落ち着いた精神状態でいられる場所を指します。

何か新しいことを始めようとしたり、環境を変化させようとすると不安になったり、面倒くさくなってしまうのはコンフォートゾーンはみ出ないようにの防衛本能が働くからと言われています。

なお、コンフォートゾーンは自分を中心とした円のようなイメージで表される事が一般的です。

コンフォートゾーンは結構手強く、私も大きく環境を変えようとしたり新しいことにチャレンジしてコンフォートゾーンの円から外れるといつも引き戻されそうになります。

私の経験則から打開策としては、

  • とにかく楔(くさび)を打ち込んで進んでいく
  • コツコツと習慣化させていき、体を慣らしていく

この2つが効果的かなと思います。

1つ目のとにかく楔(くさび)を打ち込んで進んでいくは、

コンフォートゾーンが働き億劫になる前に、とりあえず予約を入れてしまうとか道具を購入してしまうなど次のアクションにつながる事をやって強制的に進めていく方法です。

一気に進めていくので、その分引き戻しも強く起きますが、次のアクションが入っているのでやらざるを得ない状況をキープするのがコツです。

こちらは、コンフォートゾーンを外れていきあとからコンフォートゾーンが広がっていく感じです。

2つ目のコツコツと習慣化させていき、体を慣らしていくは、

亀の歩みでもいいので、日々一歩ずつ継続して進めていく方法です。何でもいいので習慣化させるため必ず毎日時間を確保して取り組みます。

くれぐれも焦りは禁物です。少しづつ体を慣らしていく事でコンフォートゾーンが少しづつ広がっていく感じです。

新しい事にチャレンジしようとしてなかなか続かない人は、自分を責めるのではなく、コンフォートゾーンを意識してみてはいかがでしょうか?

変化の先にはきっと楽しい未来が待っていると思います。

macc

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする