今日は積立投資をする際に心に止めておきたいことについて書いていきたいと思います。

最近は投資に関心のある方が増えてきていることもあり、誰でも簡単にリスクを抑えて投資できる米国インデックス投資(ETF)などを勧めるサイトやYou Tubeを見かけます。

経済は長期的には成長をしているので指数に連動している指数に積み立て投資をすれば年々資産が増えていくという理論は間違いではありません。

また、個別銘柄のように企業分析をする必要もないので、時間が取れない人や大穴狙いのギャンブル症の人には特におすすめできると思います。

やり方だけを見ると、投資の考えずにただ毎月定額を積み立てていくだけの再現性が高いかんたんな投資といえます。

ですが、積み立て投資で大金持ちになったという話を聞きません。

それはなぜでしょうか。

以前、証券会社にお勤めの方の話で積立投資の為口座開設した方の9割が1年以内に何かしらの理由で積み立てを止めているという内容の話を耳にしました。

おそらく理由は、一時的な値動きに翻弄されて

  • 損益が大きくなっているのに買い続けることができない。
  • 利益が乗ってきたがいつ下がるかわかないから利確してしまう。

このケースが大半だと思います。

誰でもできる簡単な投資法のはずなのに多くの人が実現できないのは、かんたんな事を難しく考えたり手を加えてしまいうまくいかないのではないでしょうか。

積み立て投資をやっていくという事を決めたのなら、何があっても続けていく覚悟、中途半端に株価(指数)や経済ニュースを見ないようにするのも大切だと思います。

macc

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする