将来の収入源を確保する

今日はバビロンの大富豪の第六の知恵:将来の収入源を確保するについて私なりに書いてみようと思います。

みなさんは定年後の必要なお金と、家族を守るために必要な蓄えを用意していますか?

サラリーマンとしてお勤めの方は今給与を収入として得られていると思いますが、将来定年退職や病気などで働けなくなった時をイメージされている人は意外と少ないと思います。

現代の日本には年金や保険、生活保護といったシステムがあるので、蓄えがないと生きていけない、家族を露頭に迷わせてしまうしまうことになる事がほとんどありません。

ですが将来お金の不安もなく生き生きと生活するためには収入源の確保はとても大切だと思います。

貯金は水かめ、収入源は泉のようなもので、水かめの場合汲み上げるごとに水が減っていきどんどん不安になっていきます、なくなってしまったらまた汲みにいかなければいけません

泉の場合は源泉からどんどん湧き出てくる為、溢れてくる分だけを使えばなくなってしまう事はそうそうありません。

またこの源泉は家族に渡す事で長い間家族を守ることができる継続性を持ち合わせている点が重要です。

例えば、株式の配当収入や不動産の賃貸収入、サイトのアフィリエイト報酬など可能ならできる限り複数の収入源の柱をいまから少しづつ築く事をおすすめします。

私は株式の配当による収入源を構築中なので、今後そのあたりを書いていきたいと思います。

macc

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする