今日は株の損切りの判断について話していきたいと思います。

私は基本的に損切りはしないのですが、購入当初に想定していた成長ストーリーと大きくかけ離れた場合検討をします。

ただし、人は損失を嫌うので、株価が下がってもあらかじめ決めた通りに損切りができない生き物です。

それは含み損が損失として確定するのが怖いからです。

もし塩漬けにしてしまっている銘柄があった時、一度問いかけてほしい質問があります。

それは、「今、その銘柄の株をあらためて買うか?」です。

この質問に対して”YES”であれば、まだ上がると思っているのでそのまま持ち続けましょう。

反対に”NO”であれば、上がる見込みがないと思っているので今すぐ損切りをして他の銘柄に変えるべきです。

損切りはプロでもなかなか難しいのですが、資産を守るために重要なことなのでルールを決めてしっかりと対応しましょう。

macc

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする